天井のシミ

Written by ino on . Posted in existing, inspection

2階和室の天井のシミです。この建物には屋根裏点検口が設置されていませんでした。従って、建物の一部を破壊する(点検口を設ける)という二次診断(専門調査)にあたる事象です。

ただ、あくまで推測として、敢えて報告をすれば、このシミは「雨漏れ」ではなく「結露」によるものと推測します。天井の下地である野縁にほぼ沿ってシミがある点、この建物にはグルニエ(屋根裏部屋)があり、この和室の押し入れ部分までグルニエの床部分がある点。写真撮影の範囲では屋根に損傷がない点(但し板金部分の錆は進行していて釘が数か所抜けている)

押し入れの天井部分に点検口を設置しても、グルニエ部分の床しか見えない。つまり、グルニエの設置より小屋裏(屋根裏)全体の換気が十分でない可能性。仮に断熱材が施工されていた場合は、断熱材の充填不足の可能性。現在では、グルニエの壁の部分に点検口を設けるのが一般的です。但し、築25年の木造一戸建ですので、当時の仕様を配慮すると、致し方ないと言えるのではないでしょうか。

建物外部、特に「基礎」については、確認できるひび割れが一つもないので、地盤は良いものと思われます。建物の傾斜測定結果も問題ありません。

既存住宅(中古住宅)においては、このような事象は定番と言ってよいと思います。「あっ、またこれね」 と感じられるだけの経験と知識。安直に何の裏付けもなく 「これは雨漏れです」 と言ってしまっては、本当のインスペクターではないのです。もしも、全くわからなかったら、このことについては 「わかりません」 とはっきりお客様に伝えましよう!そのことが誠意なのです。

Tags: , ,