屋根の劣化と雨漏れ

Written by ino on . Posted in existing

雨漏れの原因は様々です。屋根財の劣化が原因と思われがちですが、壁体からの雨水の侵入、バルコニーからの雨水の侵入など、原因箇所を特定するのは容易ではありません。住宅診断では雨漏れが原因と思われるシミの有無を調査して、最終的には二次診断・専門調査による散水試験で雨水の侵入箇所の特定をお勧めしています。

住宅診断|雨漏り–主な雨水の侵入口– 屋根の不具合部分・外壁のひび割れ部分・外壁の欠損部分・バルコニーの部分出窓の不具合部分・外壁の配管貫通部分

住宅診断|雨漏り瓦屋根瓦屋根の場合、地震などの影響を受けてズレなどが発生し、部分的な欠損が生じている場合が多い、ズレが拡大すると漏水の原因となります。

住宅診断|雨漏り漆喰屋根 瓦面戸漆喰の剥がれ 屋根の棟の部分には、のし瓦が設置されています。のし瓦は土で固められていますが、土の部分の防水として、漆喰が施工されています。経年で劣化した漆喰部分が剥がれ、風で吹き上げられた雨が土部分に達して雨漏りの原因となります。

住宅診断|雨漏りスレート屋根 スレートのズレ・欠け スレート屋根は基材が軽く、メンテナンスもし易い部材です。ただ、基材が割れ易いという点があり、雨漏れの原因ととなることがあります。棟付近では基材を切断加工し、小さく加工された部材はズレが発生しやすいので、棟付近を目視したり、写真撮影をして確認します。
住宅診断|雨漏りカラー鉄板屋根 カラー鉄板の錆びと欠損 カラー鉄板葺き屋根は、早め早めにメンテナンスする事が劣化を防ぐために必要です。部材表面の塗装の劣化を放置すると錆が進行し、母材の欠落に繋がる恐れがあります。雨漏りの原因は、欠落によるものや召し合わせ(部材のジョイント)部分から雨水が侵入するケースが多いです。

住宅診断|スレート屋根の断面スレート屋根の構造・断面 スレートの下にはアスファルトルーフィングが敷かれ、二時防水の役目を果たします。基材の耐久性は優れていますが、板金部分は適宜メンテナンスが必要。特に棟包み板金の取り付け用の釘は部材の伸び縮みにより外部へ押し出され、1~1.5cm程度浮いてしまうことが多いです。

住宅診断|スレート屋根釘の浮屋根 板金釘の浮 スレート屋根の棟包み板金釘の浮の参考写真。基材の耐久性は優れいますが、板金部分は適宜メンテナンスが必要です。特に棟包み板金の取り付け用の釘は部材の伸び縮みにより外部へ押し出され、1~1.5cmくらい浮いてしまうことが多いです。板金の飛来につながり、雨漏りの原因にもなります。浮いてしまった釘はシール処理し、打ち込みが必要となります。

 

 

Tags: ,