マンション構造の簡易評価

Written by ino on . Posted in mansion

1979年に起きた宮城沖地震の被害を教訓に、新耐震設計法が1981年/昭和56年に施行されました。新耐震基準の建築物は、震度6程度の地震には安全であると評価されています。

設計・施工等に問題無ければ、基本的に耐震補強は不要と思われます。

また、マンションについては、仮に外部に不具合があったとしても、個人が対処することは難しく、管理組合の修繕計画に沿った建物の維持管理が行われます。住宅診断のほとんどが、専有部分(お部屋)の調査・診断となります。予めご了解下さい。

【注意事項】建築設計時期をもとにした、一般的意見であり、構造計算、耐震診断等その他の専門調査にもとづくものではありません。建物の耐震性・構造的耐久性の測定行為ではありません。

Tags: