新築住宅・屋根裏

Written by ino on . Posted in residence

建物を健全に長く使用する為に。住宅診断・ホームインスペクションでは小屋裏(屋根裏)を点検口から調査します。小屋裏(屋根裏)は基本的には高温で、乾燥状態のことが多いため、床下に比べて腐朽・損傷による劣化の可能性は低いですが、雨漏りによって、野地板などの屋根下地材が劣化する場合があります。経年変化により屋根面からの雨漏りがあった場合は、点検口から屋根裏に入り、雨天時に観察することにより、原因箇所を特定し修繕します。住宅診断では、補強材や補強金物の有無も確認します。

Tags: , ,