新築住宅・室内

Written by ino on . Posted in residence

建物を健全に長く使用する為に。住宅診断では、室内の湿気・結露についてご説明します。結露とは、暖かい空気中に含まれている水蒸気が窓ガラスなど冷たいものの表面で急激に冷却され、その表面で水滴になる現象のことをいいます。

住まいの中では、窓ガラス・サッシ廻り、外部に面した壁、押入れ、物入れの中、家具の裏、浴室、洗面室、トイレなどに結露は発生しやすくなっています。結露を防ぐためには、まず室内に発生する湿気を抑えるために以下のような対策を行ってください。

1.結露をそのままの状態にしておくと、カビが発生し室内の壁やサッシ枠を汚すだけでなく、 場合によっては建物の寿命を縮めることにもなりまので、すぐに乾いた布で拭き取ってください。

2.家の中に暖かい部屋と寒い部屋があると、寒い部屋に結露が発生します。家屋全体を暖める ようにして、部屋どうしの温度差を極力少なくするとよいでしょう。

3.押入れの内部は、ふとんなどで空気の流れが妨げられるので、湿気が高く結露しやすくなります。すのこを敷いたり、外壁に面した収納物は押入れ の壁より少し離して空気の循環を図るようにしましょう。また、晴れた日は、押入れのふすまを開け たり、ふとんを干したり、収納物を出して内部の空気の入れ替えをするように努めてください。特に 外壁に面した北側にある押入れは要注意です。

4.多量の水蒸気が発生する浴室では、入浴後、浴室の窓を開いて、湯気がなくなったことを確認し てください。また、入浴後は浴室のドアを閉め、浴室の湯気が洗面室などの他の部屋へ入らないよう に注意してください。

5.暖房中や調理中は室内の空気の湿気をためないために必ず換気を行ってください。 温度・湿度の変化により建具に反り・ゆがみ等 の作動不良がおこることがあります。

6.各室の壁・天井のビニールクロスは乾燥収縮により継ぎ手部分にひび割れが発生します。 また、下地ボードの継ぎ手部分にもひび割れが発生します。いずれの場合も直線的なひび割れであれば構造上の問題はありません。ひび割れ幅が大きく、斜めのひび割れや、かぎ裂き状に発生したひび割れ場合は、構造上の可能性がありますので、専門技術者の調査が必要です。

7.床は音なり・きしみが発生しますが、根太・大引・束等の乾燥収縮による場合が多いです。構造上の 問題ではありません。大きなたわみが認められましたら、専門技術者による調査が必要です。

8.浴室の床・壁・天井のひび割れは早めの修繕が必要です。出入り口ドア枠・窓枠・壁の入り隅・ 浴槽等と壁との接合部にシールが施工されていますが、経年変化によりシールが硬化し、ひび割れが 入ります。ひび割れ箇所から湯水・湯気が壁内に浸入し木部を腐蝕させますので、ひび割れを 発見した際は早めのシールの打ち直しが必要です。

Tags: ,