不動産調査の概要

Written by ino on . Posted in survey

不動産調査は、不動産取引で行われる調査項目を事前に調査するサービスです。不動産の契約は専門用語が多く、分かりづらいので、購入契約前に購入物件の概要を知ることはメリットがあります。

落ち着いて売買契約に臨むことができ、的確な質問も行えるようになるでしょう。

もちろん、売買契約の当事者でなければ調査できない、役所で徴求できない書類関係もありますが、宅地建物業者が買主様に対して法的に行う重要な事項の説明項目については、ほぼ第三者でも調査が可能です。

宅地建物取引業者な所属する「宅地建物取引主任者」という国家資格を持った者が「重要事項説明」をすることを法律で定めています。そして、過去の紛争・裁判事例では、売買契約後のトラブルのほとんどが、この「重要事項説明」の説明不足が原因の場合が多いようです。

宅地建物取引主任者の調査能力不足、市区町村の違いによる、変則的な法律の存在、住宅ローンに関する約束事など、毎年のように説明項目が法律で増えていく中で「完璧な重要事項説明書」を作り上げるのは容易ではありません。

今後、複雑の一途をたどる不動産取引の将来を考えますと、特に中小不動産会社の負担は大きく、不動産取引を専門的な職分に分け、仕事の効率化とリスク低減のための仕組みや制度が必要だと、私たちは考えています。

購入予定の物件は再建築が可能かどうか。各役所で調査します。
接道は土地の価値に大変大きな影響を与えます。購入予定の物件が、どのような種類の道路に接しているを調査します。
ライフライン。上下水道の確認。上下水道が他人の土地に埋設されていないかを調査します。
土地の広さに対して、どの程度の大きさの建物が建築できるか。
その地域で住宅街として安心して住めるか。それとも商業施設がこれから出店できる可能性があるのか。
近隣・周辺環境
ハザードマップ等によるネガティブ要因の把握。
購入予定の物件の所有権者は誰なのか。抵当権など所有権を阻害する登記があるか法務局で調査します。
購入土地の公になっている、土地の形・隣地との境界、面積。地積測量図の存在の有無を確認します。
当社の所属する全国宅地建物取引業協会(日本全国の不動産業者の82%のシェアを誇る不動産業界最大の会員数)の共通重要事項説明マニュアルに準拠し不動産調査を行います。

 

Tags: